ルーナ 妊娠中

ルーナは妊娠中でも服用できる?

ルーナ妊娠中

女性ホルモンの分泌促進に効果絶大と噂のルーナ・サプリメントですが、妊娠中にも飲んで大丈夫なのでしょうか?

 

妊娠中は特に女性ホルモンバランスが崩れてくると云われています。

 

今回は妊娠中のサプリメントの摂取について説明していきます。

 

妊娠中にルーナを飲んでも大丈夫なの?

 

基本的にどの女性ホルモン系のサプリメントでもそうなのですが、妊娠中の服用は控えた方がよいようです。
妊娠すると同時に、女性ホルモンの分泌も盛んになるので、それに加えてサプリメントの摂取によって女性ホルモンの分泌量を増やしてしまうと生理機能が狂ってしまいます。
排卵期にはプロゲステロンの働きによって、排卵後の子宮内膜や周辺の血流の量を上げながら体温を上げて、子宮内膜に十分な栄養分が届くようになります。
通常ですと1か月のうちに黄体期と卵胞期といった2つの周期に分かれるのが、これが妊娠すると1つになるので、通常とはホルモンの働き方も変わってくるのです。
妊娠すると同時に、プロゲステロンが放出されるようになります。
さらに妊娠中期以降には、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が増えてきます。
こういった風に妊娠すると同時に通常とは違ってホルモンの分泌量に大きな変化がみられるので、そういった時にホルモンの分泌をコントロールするサプリメントを摂取してしまうと本来の働きが狂ってしまうのです。

 

ルーナの注意事項について

 

ルーナのサプリメントの製品のパッケージの裏側には、原材料名や内容量などと一緒に注意事項も記載されています。
その中で、妊娠中、授乳中の方、乳幼児及び小児のご使用はお控えくださいといった事が書かれています。
だから妊娠発覚したと同時に服用はストップしてください。

 

ルーナのサプリメントの特徴について

 

ルーナのサプリメントの特徴としては、生理周期に合わせながら1か月の中で黄体期と卵胞期といった2つのサイクル用の分かれているので、妊娠してしまったらその周期がなくなるので、妊婦には適さない成分配合となります。
妊娠後には胎児と母体の健康維持のために葉酸や鉄分、ビタミン類といったサプリメントの摂取をお勧めします。
葉酸はビタミンB12と協力しながら赤血球を形成する働きの他にも、細胞分裂や細胞の成長には欠かせない栄養素です。
葉酸は食品から摂取するにはごく少量しか含まれていないので、摂取しずらいから効率よく補うにはサプリメントがお勧めなのです。

 

妊娠中にルーナ・サプリメントを摂取してしまうとどうなるのでしょう?

 

妊娠中にルーナ・サプリメントを摂取してしまうと、一体どうなるのでしょう?
妊娠中には特に女性ホルモンの分泌が盛んになるので、それに加えてさらにサプリメント成分として女性ホルモンを活性化さえるプエラリアミリフィカ成分を補給してしまうと、女性ホルモンが体内で過剰になって乳がんのリスクが高まってしまいます。
さらに妊娠中で胎児が男の子であった場合には、外性器の成長にも影響を与えてしまうリスクもあるので要注意です。
特に妊娠初期は特に胎児の体の機能の形成にとって一番大切な時期なので、摂取する物には注意しましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?ルーナのサプリメントに限る事ではないのですが、妊娠中、授乳中には女性ホルモンの分泌を促す作用のあるサプリメントの摂取は、控えた方が良いという事です。
妊娠すると同時に自然とバストも大きくなってくるので、サプリメントに頼る必要もなくなります。
こういった情報はサプリメントの成分表示と並んで摂取方法も記載されているので、何かサプリメントを摂取する際にはしっかり注意事項に目を通して使用方法を正しく守って使用していってください。