ルーナ 副作用

ルーナに副作用はある?

ルーナ副作用

女性ホルモンの働きを活発化させながら生理機能をコントロールしたり、バストアップ、ヒップアップ効果が期待出来ると話題のルーナ・サプリメントですが、副作用の心配はないの?って悩んでいる方々へ、

 

今回はルーナに配合されているそれぞれの成分の解説をしていきながら、それが体にどのような影響力を及ぼしていくのか説明していきます。

 

副作用が心配されるプエラリアミリフィカ成分について

ルーナに配合されている成分の中でも副作用が気になるのが、女性ホルモンの働きと似たような作用をするプエラリアミリフィカ成分です。

 

プエラリアミリフィカ成分の原産国であるタイでは、1日の摂取量は100mgを超えてはいけないと云われています。
それはプエラリアミリフィカの過剰摂取によって、

 

・生理不順〜生理が来なくなった、月に2回も生理がきた

 

・不正出血

 

・生理の出血量の増加

 

・生理が長引く

 

・乳がんの発症

 

・子宮筋腫や癌細胞の増殖

 

といった副作用が心配されるからです。

 

もしも不妊治療等ですでにピルを服用している方の場合には、ピルには女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロン成分が配合されているので、ルーナとの併用は避けた方が良いでしょう。

 

女性ホルモンを活性化させるためにとピルやサプリメントをあれこれ摂取しているのであれば、その内容についてかかりつけの医師に相談する事が大切です。

 

ルーナのプエラリアミリフィカ成分の配合量だったら副作用の心配もない

プエラリアミリフィカには、女性ホルモンであるエストロゲンを活性化させるイソフラボン成分とミロエステロール成分が含まれているのですが、1日に限られた摂取量を超えて摂取してしまう事によって過剰にエストロゲンが反応したり、本来体内で生成される女性ホルモンの働きが停滞してしまうといったリスクを秘めています。

 

でもルーナではそういった副作用の事もきちんと分析してから成分配合しているので、プエラリアミリフィカ成分に関しては1日の摂取量は100mgに抑えておいて、それ以外のハリサポート成分によって相乗効果が得られるような成分配合を心がけているので、副作用を心配する必要はないので安心して飲み続けて下さい。

 

ルーナサプリメントには様々な美容成分が配合されているので、それ以外のサプリメントや健康食品を補わなくても良いように開発されています。だから是非ルーナ一筋にかけてみて下さい。

 

エラスチン成分には副作用はないの?

ルーナサプリメントの特徴としては、エラスチン成分の1日の配合量が75mgといった風に贅沢に配合されている点です。

 

エラスチンはカツオから摂取できる成分で、バストのサイズアップ以外でもハリ感を持たせる効果が期待出来ます。

 

エラスチンは皮膚の奥の真皮質内で繊維芽細胞といって皮膚内のヒアルロン酸等が含まれている基質を支える役割をしています。

 

エラスチンも加齢によって次第に衰えてくるものなので、たっぷりと補ってあげる事によってハリ感を取り戻す事が出来ます。

 

エラスチンやコラーゲンが皮膚の形成を支える骨子的な存在であれば、その内部の基質であるヒアルロン酸やプラセンタと併用して摂取する事によってさらなるハリ感が期待出来るのです。

 

エラスチンは骨子として基質を支えるだけでなく、水分保持効果も期待出来るので積極的に摂取していきたい成分です。エラスチンも25歳を過ぎた辺りから体内での生成力が衰えてくるので、毎日補ってあげる事が大切です。

 

ルーナサプリメントは主に30代から40代以降といった女性のために開発しているので、不足しているエラスチンの量をたっぷり補えるような成分配合量にしているので副作用の心配はないので安心して飲み続けて下さい。

 

ザクロ成分の副作用について

ルーナには女性ホルモンの働きをサポートするザクロ成分も配合されているのですが、ザクロは大量に摂取してしまうと発熱や震えといった副作用が発生します。

 

但しザクロをそんなに大量に摂取する事は難しいので、副作用についてはそう心配する必要はありません。

 

ルーナサプリメントでも副作用が起きない程度の配合量なので、安心して飲み続けていって下さい。

 

ビオチン成分にも副作用ってあるの?

ビオチン成分に関しては、特に副作用は考えなくても良いです。

 

ルーナでも過剰に摂取する事のないように、それぞれの成分の全体バランスについてはしっかり研究して配合しているので大丈夫です。

 

やはりサプリメントといった健康食品を活用する際の注意点としては、自分だけの判断で単発の成分を組み合わせて飲んだり、偏った成分だけを過剰に摂取し続ける事です。

 

出来ればルーナみたいに様々な美容成分のコンビネーションを考えて開発されたサプリメントを1種類だけ飲み続けていく方が、効果もわかりやすいし安全です。

 

コラーゲン&プラセンタ&ヒアルロン酸の3種の美容成分の副作用について

コラーゲンやプラセンタ、ヒアルロン酸に関しては、元々人間の体内にある成分なのでそう副作用の心配をする必要はありません。

 

特にアラフォー女性であれば、それらの成分を体内で生成する力が衰えているので少々多めに摂っても大丈夫です。

 

但しコラーゲンやプラセンタの場合には、動物性の成分から成っている場合もあるので、元々アレルギー体質の方は成分チェックをしっかり行ってから摂取した方が良いようです。

 

コラーゲン

 

・動物性コラーゲン〜豚、牛、鶏

 

・海洋性コラーゲン〜フィッシュコラーゲン、マリンコラーゲン

 

ルーナのサプリメントでは、コラーゲンにはアミノ酸が豊富なフィッシュコラーゲンを採用しているので体内での吸収力も高くコラーゲン独特の臭いの心配もありません。

 

 

プラセンタ

 

・豚プラセンタ

 

・馬プラセンタ

 

プラセンタも元々アレルギー体質の方は、かかりつけの医師の指示に従って摂取した方が良いです。

 

アレルギー以外でももしも何か持病を持っていて常備薬を飲んでいる方は、それらの薬との併用してもOKかどうかといった事をかかりつけの医師に相談してから摂取していって下さい。

 

一般的にアレルギーや持病を持っていない方でしたら、特に副作用の心配はないので安心して摂取して下さい。

 

まとめ

いかがでしたか?ルーナのサプリメントには様々な美容成分が配合されていますが、どれも1日の摂取量を超えての配合はしていないので安心してのみ続けても大丈夫です。

 

美容成分もただ効果を得たいからと一つの成分だけを大量に摂取するよりは、ルーナサプリメントのようにそれぞれの成分の絶妙なコンビネーションによって相乗効果が得られるようなサプリメント1点に絞って飲み続けた方がより高い効果が期待出来るので、まだ試していない方はこれを機にチャレンジしてみて下さい。

 

ルーナの口コミはこちら